注文住宅で重視されるアフターサービス!長く住む家を建てるために必要な豆知識を紹介!

当サイトは注文住宅で重視されるアフターサービスに関する情報を解説しています。
長く住む家を建てるために必要な豆知識を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。
注文建築の住宅に含まれる建てた後に受けられる可能性があるサービスの具体的な内容にも触れているサイトです。
さらに注文建築の住宅の長期保証はどこまで必要なのか、という多くの人が気になる情報も解説しています。
安心して長く生活するためにも、押さえておきたい点です。

注文住宅で重視されるアフターサービス!長く住む家を建てるために必要な豆知識を紹介!

憧れのイメージにこだわり、それを形にしたいため注文住宅を建てたいけれどアフターサービスが気になるという人もいるのではないでしょうか。
注文住宅のアフターサービスは、建築する住宅メーカーによって異なっています。
そのため家の建設を依頼する会社を探す際には、サービス内容にも注目することが大事です。
住宅メーカーが定期点検を行っていたり、万が一のトラブルのときに提携会社に依頼しやすかったりすると便利で安心です。

隅々まで理解しておきたい注文住宅の費用の内訳

注文住宅の金額内訳は、土地や建物、内容によってそれぞれ異なります。
ですが大まかな部分は3つまで絞ることが可能です。
まずは注文住宅そのものである建物費用が発生します。
さらに駐車場や庭などの付帯部分が発生し、最後には土地そのものの購入費用がかかるものです。
どの部分を大きく配分するかは、自分次第となります。
土地を購入するところから始めたい場合は、価格だけではなく広さや日当たりなども検討しなければなりません。
注文住宅そのものの建物の金額は、新しい家づくりの7割の内訳を占めるというデータもあります。
お家づくりは入念に、自分の計画を実現させたいものです。
そのためには、注文住宅のどこに力を入れるのか優先順位を明確にしておく必要があります。
資金は残念ながら有限のものです。
だからこそ、個々人が工夫をしながらお気に入りの一軒家を建てるものとなっています。
仮設工事・基礎工事・木工事それぞれにかかるお金も考えられる施工店と相談しましょう。

注文住宅が完成するまでの基本的な流れ

一般的に注文住宅を建てたいとなった場合には、実際に住めるようになるまでには、かなりの時間がかかることになるでしょう。
大まかな流れについてしっかりと頭に入れておくことが大切です。
まず最初に行うことが住宅の情報収集やモデルルームの見学です。
基礎知識を持たずに土地探しや計画を進めると思わぬ費用がかかったり、ハウスメーカーを見つけられない可能性もあるため、まずはインターネットで口コミをチェックしたり、モデルルーム見学会などに参加します。
そして資金計画や土地とハウスメーカー探しを行い、相見積もりを取って設計プランを決定しましょう。
その後不動産会社でハウスメーカーとの契約を締結したら、住宅ローンの申し込みを行います。
審査が通ったら注文住宅への着工へと移ります。
特に間取りや基本的な構造に関しては、着工するとかえられない可能性が高いことから、納得できるところまで決めておくことが大切です。
引き渡しの1ヵ月前からは細かな工事が加わり、最終的に完成となります。

注文住宅のアフターサービスの必要性

人生の中で1番高い買い物の一つであり、こだわりの詰まっている注文住宅に長く快適に暮らすためには、高い品質を保ち続けるためのメンテナンスや、安心して長く暮らせるための保証が不可欠です。
そのため、注文住宅を建てるための施工会社を決める場合には、建築にかかる費用や技術だけで比較するのではなく、住み始めてからのアフターサービスにも目を向ける必要性があります。
長期のメンテナンススケジュールがきちんと考えられているか、点検サービスを実施しているかをはじめ、万が一のトラブルが起きたときに迅速な対応をしてくれるかどうかもチェックしておきたい大切なポイントです。
また、新築物件に対する瑕疵担保責任保険のほか、最適な時期に最適な箇所を補修するアフターサービスの内容を、施工会社がしっかりと管理してくれることも確認しておく必要があります。
購入者自身も、将来のリフォームや修繕の必要性について正しく把握し、資金計画や準備を早い段階から進めておくようにしましょう。

注文住宅を依頼する建築会社の保証やメンテナンスに対する考え方

注文住宅施工後のアフターサービスは建築会社によって考え方が異なるため、その内容もさまざまです。
ハウスメーカーのアフターサービスには完成後に住み始めて不具合やトラブルが起きた際に無償で修理をしてもらえたり、定期的な点検やメンテナンスが受けられるといったものがあります。
保証がないと、修理の手配や費用を自腹で負担しなければなりません。
建物の基礎や柱といった構造部分には10年の保証が義務付けられています。
ハウスメーカーによっては条件付きで30年など長期の保証をしている場合も。
そのほかの内装や設備にはハウスメーカーそれぞれに保証が設けられています。
また定期的に訪問で点検してもらえれば、早めに不具合が見つかり最小限で食い止められることも。
中には24時間365日コールセンターでサポートしている親切な建築会社もあります。
注文住宅は施工の技術や品質はもちろんですが、完成後に安全に暮らすためにもアフターサービスの充実度も大切です。

筆者:鷹野四郎

筆者プロフィール

佐賀県武雄市生まれ。
アフターサービスが充実している会社を選んで注文住宅を建てました。
佐賀 注文住宅